神奈川県相模原市南区大野台 テレビが映らない

以前アンテナ工事でお伺いしたご親戚の方より

テレビが映らない+BSアンテナ修理のご相談を承りました

特定の時間にテレビがE202エラー表示になり真っ黒な画面(ブラックアウト)

典型的な700M帯電波障害の症状で総務省管轄の業者で電波障害用対策の

フィルター取り付けが必要になります

*地デジ化後のUHF電波配信周波数の帯域現象が起きてます

地デジ電波が705MHz辺りまでになり710MHzから770MHzの電波が

別の電波として再利用される事で起きている電波障害

アナログ時代から地デジ化後の電波再編までの未対策UHFブースターを

利用しているお客様宅で電波障害が起こる場合、対策フィルター設置が必要

予想通りアナログ時代のVHF+UHFアンテナを継続使用

予想通りアナログ時代のVHF+UHFアンテナを継続使用

既存UHFアンテナの電波受信強度

既存UHFアンテナの電波受信強度

CN比も受信基準値以上で問題は無い

CN比も受信基準値以上で問題は無い

アナログ時代から使用しているBS混合ブースターに問題がある

アナログ時代から使用しているBS混合ブースターに問題がある

対策フィルター

別のお客様宅のアンテナ建て替え工事で不要になった対策フィルターを

取り付けると地デジ視聴不良の問題は解消

普通にテレビが見れる様になり、一つの問題は解決

*本来総務省管轄業者しか対策フィルターは持っていませんので今回は

たまたま廃品の対策フィルターが手元にあったので取り付けました

手で回る状況

もう一つのBSが見れないは、アンテナポールに取り付けられた金具が

手で回る状況で、直しようが無い

固定ボルトをお客様が何度か占めたのか?金具自体が曲がり締められない

BSアンテナ本体の入替えが一番お安いアンテナ修理になるのですが

アナログ時代のままの既存アンテナがいつまで持つのかも問題

BSアンテナを手で回すとBS視聴可能な電波強度が得られる位置に戻る

BSアンテナを手で回すとBS視聴可能な電波強度が得られる位置に戻るが

強風が吹けばいつでもBSアンテナの方向が変わる状況

アンテナは一生使えると勘違いされているお客様も多いのですが

屋根上に放置されるアンテナは、歳月を重ねれば確実にサビ、経年劣化すします

アンテナ支線も伸びて緩み、アナログ時代の4mの高さのアンテナが倒れれば

屋根、雨トヨを壊す、近隣住宅に飛散するなどの問題が起こる可能性もある

ご自宅の破損は自己責任で火災保険対象になれば費用負担の軽減の可能性はある

但し近隣住宅への被害拡大は、アンテナが倒れたお宅の火災保険での対応でなく

被害を貰ったお宅の火災保険対応となるので近隣住人とのトラブルの源になる

神奈川県藤沢市鵠沼海岸 アンテナ撤去・処分

お隣の新築宅にアンテナが倒れて刺さる事もあります

古くなったアンテナを使い続ける事も自己責任

アンテナ建て替え工事を決断するのも自己決断

ご説明をした上でお金が掛かる事なのでお客様のご決断に全て任せます

今回はアンテナ点検、ご説明のみで全て保留となりました







テレビが映らない BSアンテナ修理 神奈川県 相模原市南区

テレビが映らない BSアンテナ修理 神奈川県 相模原市 施工例

テレビが映らない BSアンテナ修理 神奈川県 相模原市南区 施工例

テレビが映らない BSアンテナ修理 神奈川県 施工例

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック