神奈川県川崎市麻生区白鳥 屋根裏アンテナ工事

ケーブルテレビ解約済みでリフォーム中に自立アンテナ工事の切替えたい

電波受信状況次第になると思いますが、出来れば屋根裏アンテナ工事

が出来ないだろうかと電波捜索、アンテナ設置相談を承りました

お電話を頂いた際、かなり電波受信などの事をご理解頂けているお客様で

何が何処に可能なかをご相談させて頂き、希望のアンテナ工事がしたい

電波調査、設置場所捜索は、有料作業で良いとの事でお伺い致しました


正直この様なケースは珍しく、アンテナ取り付けが可能なのかを調査するのに

なんで有料なんだ?って言われる事の方が多いので、大変感謝

当然無料対応で屋根裏アンテナ工事やデザインアンテナ工事のみの希望で

調査して欲しいとお問い合わせを頂く事が多く、電波受信状況が悪く

アンテナ工事不可能ならケーブルテレビや光テレビの導入に変更して

屋根上アンテナ設置は、絶対にしないと言うお客様も居ります

この場合、近隣住宅環境の影響を大きく受けるアンテナ工事仕様ですので

アンテナ工事になる確率は、非常に低くなる(ご住所次第で確率は変化)

天井裏に潜る作業で新築宅を傷付ける恐れもあり、物を壊す可能性もある作業

危険作業を全て無料、サービス対応しますとは言えないのが現状でしょうか

*以前無料サービス対応でしていた際、出来る・可能だと言う所まで探すのも

無料見積りだろって言われた事があり、有料対応に変更した経緯がございます

電波受信は、各ご家庭で全て同じではなく、様々な要素で異なります

アンテナ取り付けをすれば地デジが見れると言う事は絶対にありません

特に屋根裏アンテナ工事やデザインアンテナ工事の場合は、設置場所での

電波受信状況が確実でなければ、設置後の将来、テレビが映らない原因になる

その日の稼ぎを優先してアンテナ工事をしている事は全くございません


無料お見積りってよく書かれてますが、時々お客様宅で電波測定もせずに

この辺りですね、出来ない場合は、工事変更になり別途費用が掛かります

なんて話を聞く事があり、無料見積りって、こんなのか?って思います

場合によって、見積りは無料ですが、出張費が掛かります(有料じゃん)

こんなケースが7月にお伺いしたお客様宅でもございました


作業車でお客様宅にお伺いするのもガソリン代(経費)が掛かる

電波受信状況を正確に確認し、何処に何が取り付け出来るかを調査

何か所も電波測定するのですが、ご希望内容が屋根裏アンテナ工事であれば

炎天下であろうと天井裏に潜って電波測定調査を数か所でします

天井裏の何処でも良いのではなく、何処が一番良いのかを探します

電波受信状況、設置場所捜索が完璧なら、誰でもアンテナ設置出来る位迄

下調べをしますので、当方では有料対応(3,000‐~7,000-税別)でしてます

屋外での電波受信状況から屋根裏アンテナ工事の可能性があると判断して

天井裏に潜りますが、屋根構造、素材などで10~15%程度電波遮断されるので

電波受信測定を数か所で繰り返した上で取り付け場所を厳選します


今回ご紹介するケースは、少々問題を含む内容でした

東京スカイツリー方向の山が一段低くなり、電波受信状態が確実に上がりました

お客様宅屋根中央部よりも端の方になれば東京スカイツリー方向の山が

一段低くなり、電波受信状態が確実に上がりました

神奈川放送(TVK:横浜鶴見)方向

神奈川放送(TVK:横浜鶴見)方向は、一段上がる様な地形ですが鉄塔がある

屋根上にアンテナを転がした状態では、民放も神奈川放送も確実に見れる状況

但し東京MXテレビは、2m程度の高さにアンテナ設置しない限り

安定した電波受信基準値が出ないので、安定してテレビを見る事は不可能

現状の電波受信状態をお客様にご説明し、神奈川放送、東京MXテレビなどの

ローカル番組の視聴が出来なくても、民放局が見れる状態であれば

屋根裏アンテナ工事にしたいと視聴番組の制限がある事もご理解頂きました

押し入れ上から天井裏に潜る

押し入れ上から天井裏に潜る

リフォーム工事最中なので、天井の一部が剥がされており、柱などが確認出来る

剥がされた天井の石膏ボード、2階のフローリングも剥がされ、1階床板が見える

天井野縁角材だけで、人が乗れそうな柱は無い

剥がされた天井の石膏ボード、2階のフローリングも剥がされ、1階床板が見える

足を踏み外したら、場合よっては1階床板まで落下です

アンテナ設置したい天井裏奥に渡って行く所に柱が無いのはお客様も見ている

どうやってここを渡る?に天井裏奥まで行く私に、ややビックリされてました

私自身がこれ以上太らない(自己制限)を続けるのが、こんな所で役立ちます

一番不安定だったNHK総合(27ch)電波強度

一番不安定だったNHK総合(27ch)電波強度

NHK総合(27ch)CN比も受信基準値以上

NHK総合(27ch)CN比も受信基準値以上

電波受信状況も安定、受信基準値以上なので屋根裏アンテナ工事可能です

IMG_8575.jpg

既存のケーブルテレビ用ブースターとケーブルテレビ仕様フィルター接続分配器

ケーブルテレビ仕様の不用品の撤去作業は必要になりそうです


6月中旬でまだ炎天下まで行かない暑さレベルですが、天井裏から出ると汗だく

お客様のご希望は、リフォーム期間中に屋根裏アンテナ工事完了

どんどん気温上昇が始まる時期なので早い方が私としては助かります

炎天下の天井裏内の温度は、恐らく低くても45℃以上

絶対に温度計を持って確認しようとは思いません(見たら入れない)

事前選定した場所で再確認、アンテナ設置作業を短時間勝負で天井裏に潜って

炎天下の天井裏作業は、15分程度が限界、出たり入ったりの休憩も必要な季節

本格的な天井裏入口の暑さではない日であっても、入口付近の暑さを体験した

お客様のご厚意で、暑くなる前に屋根裏アンテナ工事のご依頼を頂けました

お伺いして2時間強、方向性の確認が出来、屋根裏アンテナ工事決定

ここまでの電波受信状況確認、アンテナ設置場所捜索・確認作業が有料対応

お客様に頂いた金額は¥3,300-(税込:アンテナ工事ご依頼を頂きましたので)

リフォーム工事作業に邪魔にならない様に1週間後に再度ご訪問となりました


1週間で気温上昇、炎天下の天井裏を覚悟して、屋根裏アンテナ工事開始

お客様のご厚意で少しでも気温上昇する前の8時過ぎからの作業開始

前回の調査段階でお引越し後にBSアンテナ取り付けの可能性があるかも?と

お客様よりご相談を受け、工事当日にBS混合ブースター工事対応を承りました

最終取り付け位置確認で事前調査した柱より奥の柱位置の方がより電波が安定

最終取り付け位置確認で事前調査した柱より奥の柱位置の方がより電波が安定

出来るだけ取り付け高さを稼ぐ方が電波受信が安定、良好になる調査結果より

デザインアンテナを屋根裏に取り付けました

フジテレビ(21ch)電波強度

フジテレビ(21ch)電波強度

フジテレビ(21ch)CN比

フジテレビ(21ch)CN比

NHK総合(27ch)CN比

NHK総合(27ch)CN比、受信基準値以上で安定

神奈川放送(18ch:TVK)電波強度

神奈川放送(18ch:TVK)電波強度

神奈川放送(18ch:TVK)CN比も受信基準値以上

神奈川放送(18ch:TVK)CN比も受信基準値以上

東京MXテレビ(16ch)電波強度はやはり弱い

東京MXテレビ(16ch)電波強度はやはり弱い

東京MXテレビ(16ch)CN比は基準値以下

東京MXテレビ(16ch)CN比は基準値以下

仮にテレビが見れたにしても偶然映っている状態で将来性は低い

*映ったにしても安定視聴が将来保障出来る電波状況ではないので

お客様には、事前に映りませんとお伝えします

アンテナ取り付け位置から分配器までの渡り配線新設

アンテナ取り付け位置から分配器までの渡り配線新設

天井裏にブースター電源部を設置

天井裏にブースター電源部を設置、不要フィルターなどを撤去

リフォーム中で天井裏のブースターコンセントに電源供給されていない為

仮設コンセントから延長コードで電気を引き、電波受信状態確認

各屋内テレビ端子ユニット6か所でテレビが映る確認

別配線の露出配線で引かれていた2階和室のテレビ端子ユニットもOK

露出配線が不要と判断出来、配線撤去・処分

ケーブルテレビ配線が接続されていた建物引き込み配線

ケーブルテレビ配線が接続されていた建物引き込み配線

雨曝しで放置するよりは入線カバー内に収めて置く方が望ましい

屋外から天井裏分配器迄配線されている配線ですので大切な配線

雨曝しで放置するよりは入線カバー内に収めて置く方が望ましい

ビス穴、外壁貫通穴をコーキング剤で雨水防水処理、入線カバー設置完了

ビス穴、外壁貫通穴をコーキング剤で雨水防水処理、入線カバー設置完了

今後のリフォーム作業に外壁塗装もあるようで、塗装対応のコーキング剤を

使用しておりますので、何か不都合が起きても、一応大丈夫でしょう

お引越し後にBSアンテナ取り付け工事が追加になっても

この配線を再利用すれば、外壁などにも大きな傷を残さずに仕上がります

お客様宅の財産価値を最大限考えた上でのアンテナ工事が全て完了


今回のブログ記事は、ちょっと長かったですね

他社様施工で屋根裏アンテナ工事後にテレビが映らない事で

横浜市保土ヶ谷区のお客様からのご相談を頂き、メールで回答してました

状況確認の質問をすればするほど、どんな工事判断したんだろ?って感じで

うちの屋根裏アンテナ工事のやり方、考え方などを記事にしてみました

お客様毎に同様の電波受信確認を出来るだけ丁寧に判断してからの

アンテナ工事になりますので、1日2軒のアンテナ工事ご訪問が限度の私

急いでも、慌てても、良い結果が得られるとは思えず、お時間は掛かります

他社様施工のアンテナ修理も最近は、時間が掛かるケースもあり

アンテナ工事を全てやり直すくらいの時間が掛かる事もございます

テレビが映らなくなった=簡単な調整で直る は、殆ど無い

「最初のアンテナ工事が肝心」にいつもつながります

お客様のお考えは様々だと思いますが、特殊なアンテナ工事程

落とし穴もありますので、ご検討の際の参考になれば幸いです







屋根裏アンテナ工事 デザインアンテナ工事 アンテナ設置調査 神奈川県 川崎市麻生区

屋根裏アンテナ工事 デザインアンテナ工事 アンテナ設置調査 神奈川県 川崎市麻生区 施工例

屋根裏アンテナ工事 神奈川県 施工例

デザインアンテナ工事 神奈川県 施工例

アンテナ設置調査 神奈川県 施工例

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック